住まいの知恵袋

フォーム系断熱材

植物性発泡断熱材
他のフォーム系断熱材が原油をベースにしているのと違い、ベニ花油を主体とした植物油を原料としています。
そのうえノンフロン水発泡の100倍発泡フォームという地球にやさしいフォーム系断熱材です。


ウール系断熱材

羊毛断熱材
壁体内結露を起こしやすい壁の内側はなかなか開けて見る事が出来ません。 湿気に強く身体に優しいウールの断熱材により断熱性能を長く保ちます。 また羊の毛は毎年刈る事ができる天然素材なので、地球環境にも優しい素材です。


蓄熱式全室床暖房工法

『LOHAS』の家は次世代省エネ基準を達成しています。十分に断熱された家は、部屋の上下の温度差が少なく、 小さな暖房で暖かくなります。さらに、冬に暖かく快適に過ごせるように床暖房をお薦めしています。 足は第二の心臓といわれるように、足もとから体中を暖めてくれる温もりは格別です。床暖房の多くは市販品で、 熱源はガスと電気の両方があります。
ここでお薦めするのは市販品ではなく、自然素材を使ったオリジナリティーのある床暖房です。 床下下地の上に軽くて保温性の高い石を敷き詰め、ステンレスのパイプを配管しその中に温水を通します。 温水で石が暖まると石の保温効果で優しい温もりが持続します。是非一度ご検討ください。


LOHAS通気工法

『LOHAS』の家の構造は全てオリジナル工法です。
特に壁から屋根の通気工法と屋根下地(たる木)を2重にする構造はお勧めです。


薪ストーブ

薪ストーブの特徴は、輻射熱の遠赤外線効果によって家中の空気を暖めることです。 間仕切りの少ないオープンな間取りであればこれ1台で冬も越せそうです。2時間位薪を焚くと家全体が暖かくなります。 価格のイメージとしては、薪ストーブ本体が約50万円、煙突(2重)工事共約50万円、 壁の断熱工事約20万円 →総額は打合せしながら調整して100万前後になる方が多いそう。 本体は種類によっては20万円位からあります。昔は煙突が一重管だったため煙突の外周部が気温差で冷え、 それによって煙に含まれるタールが冷やされて液体になり、さらに固まってすすとなり管に付着し、 それに熱が籠って火災が起こる事もありました(煙道火災)。現在は2重構造になっている為、 そのようなことは起きなくなりました。煙突から出るすすも微量なので、市街地であっても、 ご近所と仲の良い方はクレーム無しで使っているようです。 慣れてしまうと、 出かける時も寝る時もつけっぱなしにしたりします。ストーブそのものにとても重量があり、 さらに煙突で固定されるので、倒れることはないそうです。6月頃の湿気の多い時期は、 扉を開けて稼働させると(火の粉が飛んでこないように、専用の網をかぶせる)、 部屋の空気が煙突へ引張られ湿気を取ってくれます。

弊社のお客様に人気のタイプはバーモントキャスティングス社(米)製で、調理ができるタイプです。 中央に鍋等を乗せると強火、端は中火、オプションのシェルフを付けたところはとろ火と使い分けます。 前面扉を開けた中にスタンド(写真中央手前の棚)を設置して、その上に鉄のフライパン等置いてピザを焼けば、 2~3分で完成! また、下の灰受けに、ホイル包みのイモを入れれば簡単に焼き芋が出来あがります。

ヨーロッパ系のメーカーは、火を見て楽しむ用途の薪ストーブが主流(アンデルセンストーブ社など)です。 扉の種類が、観音開きと片開きがあり、薪を入れ方も前面からだけでなく上からも入れられるタイプなど、 いろいろな種類があります。
設置する場所には床面の処理としてタイルや石を貼ります。壁面にはALC板を使い、 壁との間に2㎝位の通気層を取ります。表面仕上げはタイル・レンガ等で仕上げると豪華に見えます。 煙突掃除は年1回で良いですが、針葉樹の薪を多く使う場合はもう少しこまめにした方が良いでしょう。 煙突上部は2~3年に1度掃除します。ストーブの横に物を置くときは、本体から1m位離す必要があります。

燃料の薪について

まる1日続けて使用すると、3束位の薪を使います。さらに、火を着け始めた時に薪を一束位使うので、 付けたり消したりを頻繁におこなうと薪を多く使ってしまいます。
神奈川県大和市で薪ストーブを取り扱っているⅠさんでは約400円/束~なので、 約400円×3束×30日とすると約36,000円が一ヶ月使い続けた場合の燃料費となります。 薪を全て購入すると高価なので、使用量の半分くらいは調達できると良いですね。 親戚や知り合いに山を持っている人がいれば最高ですが、伐採している現場で、 お願いすると分けてもらえる事があるそうです。地主さんが伸びすぎた木を伐ったり、 土地開発など木を切ることは多くあります。もちろん、薪にしてくれるわけではないので、 自分で短く切って運び、家で小さくして薪を作ります
建築用の柱などは手に入りやすいのですが針葉樹が多く、薪としては燃え尽きるのが速いのと、 タール分が多いのですすが多く出るという弱点があります。 自然素材体験工房で行くグループ会社のプレカット工場には針葉樹の端材でよければいくらでもあります。
広葉樹は高いけど、煤が出にくく長持ちし薪には適しています。長くとろとろと燃える炎を見せてくれます。 早く着火させるためには、最初に着火剤を使ったり、後に紹介するペレットの大型版を使う方法があります。

K様邸に薪ストーブを設置するので、購入者のⅠさんを訪問し、薪ストーブについていろいろと教えていただきました。
薪ストーブは炎を楽しむことも目的の一つだそうです。オール電化も省エネに寄与しますが、 家の中で火を見ることが無くなります。ガスの炎も青く整った炎で、木が燃えるような揺らぎのある炎ではありません。 炎のある暮らしは部屋を暖かくするだけでなく心まで暖めてくれそうです。
ご興味のある方は 薪ストーブ安全推奨サイト 自然帰休club も併せてご覧ください。


ペレットストーブ

電源を入れてスイッチを入れると点火します。ペレットタンクにペレットを入れておくと自動で燃焼用に補充されます。 タイマーもついていて、火が付く時間も消える時間も設定することができます。 FF式(強制給排気)の石油ファンヒーターのイメージに似ています。使い勝手で違うことは、 着火が遅い時に油性の固形燃料でできている着火剤を使って着火させたりすることや、 暖まるのに30分前後必要なことです。ランニングコストは、 広い部屋を暖めたり家全体を暖める場合には石油の2割り増し位でしょうか。 何となく石油ストーブに負けているようですが、大事なことはペレットストーブの方が遙にECOだということです。 石油を使うことは、言い換えれば何万年もまえに海の中へ沈めたCO2を外に出すことですが、 ペレットストーブを使うということは、伐採された山の木を使うことなので、山の活性化を促し新たな植林を可能にします。 このことがCO2の発生と吸収のリサイクルを生み出し、山や海の環境保全に役立とともに地球温暖化を抑制します。
ペレットストーブは薪ストーブと比べるとお手軽ですが、それでもちょっとスローライフな感じです。 ペレットが燃え始めると炎を眺めることができます。炎が強くなりストーブが暖まってくると温風が出てきます。 ペレットストーブは輻射熱がほぼ無いので、薪ストーブのように火にあたっていて暖かいという感じはしません。 その代わり、30センチ位離せば物が置けるので省スペースです。商品によっては床のタイル敷き等も要りません。 価格は50万円位(材工)で薪ストーブの半分です。 煙突は一重構造で長さも短くて良いし(壁出しも可)+遮熱工事がいらないので安価です。調理は不可ですが、 沸かしたやかんを保温する程度は出来るものもあります。煙突掃除は薪ストーブと同様に年1回必要です。 温風を出すための音がするので(出力を大きくすると音も大きくなる)、 静かなリビングではうるさく聞こえるかもしれません。ストーブ本体のデザインが四角く、 薪ストーブのように置くだけでインテリアに役立つ程ではありません。なかには本体で50万位と高めですが、 薪ストーブ型にデザインされたものもあります。

ペレットについて

品質が良いのは外国製で、燃焼時にペレットの火持ちが良いようです。 ペレットストーブ自体外国の方が普及していることも一因です。
国産品も多く出始めていますが、まだ改良が必要ところもあります。 前述の山の活性化に寄与するためには地域材を活用したいところですね。 国産で良質なものも、これからどんどん出来てくるでしょう。
アメリカ製で薪の様な太さの大きいペレットもあります。
薪ストーブに使うためのもので、そのままくべることもできますし、 スライスして固形燃料の様に使うこともできますが、薪としては高価なようです。


自然素材のいえづくり 「17の知恵」

 家づくりに「自然素材」を使いたいとお考えの方は最近多く、 素材についての情報もに手に入れやすい時代になりました。
ところが、たくさんの情報のなかで、本物の「自然素材」を表す言葉は意外と少なく、どんなものなのか、 どんな性質なのか、
正しい認識をしている人は多くないようです。

 そこでこのページでは、本物の「自然素材」を使った家づくりをしている代表・直井徹男が家を建てるために知っておきたい
“知恵”というテーマでお話させていただきます。あらかじめ自然素材の特性を知っておくことで、 住みはじめてから後悔せず
手入れしながら快適な住まいを永く維持していくための、ご参考としていただければと思います。

はじめに

素材の特徴を理解し、
きちんと手入れするという覚悟が最低限必要

 最近、自然素材をふんだんに使った家づくりがちょっとしたブームになっているようですが、 はじめにしっかり認識 しておかなければいけないのは、 「自然素材の家」と「健康住宅」の考え方を混同しないようにすることです。
 自然素材の家づくりが注目されている背景には二つの流れがあります。一つは健康に害を与えないという目的のもと、 さまざまな対策を講じた工法や、基準値をクリアした工業製品を選び、 その中の一部として自然素材を使って住宅 をつくるという方法。 もう一つはもともと自然界にある石や土や木を積極的に使い、できるだけ昔ながらの建築技法で 家をつくり、 結果として環境にも人体にもやさしい住まいになるという考え方です。私は後者の自然素材を積極的に使い、 健康に負荷を与えない素材を選んで家づくりに取り組んでいます。
 自然素材をふんだんに用いた家は、無垢材や土壁、漆喰などを使うことが多く、 壁に小さなひびが入ったりフローリング にすき間ができるなど、季節により様々な現象が起こってきます。 これらの特性を理解したうえで必要であれば補修したり、 メンテナンスをして自然素材の家の快適な暮らしをたのしんでいただきたいと思います。 当然、日常の変化・手入れなど 建主様が目を配らなければいけない部分も多くなります。 実際の補修などは業者や職人が行いますが、素材の 性質をよく理解し、 「自分の家は自分で手入れする」という心構えはもっていてほしいと思います。

知恵1 基礎・土台編

腐蝕やシロアリを防ぐため、基礎は通風性を重視したつくりに

 家づくりはまず、基礎工事からはじまります。 そこで自然素材を使った家で問題になるのは、 シロアリについての対策です。 シロアリは床下などの通気の悪い場所にひそんで、家の土台を食害します。 現在その対策として、 強い薬剤を床下に散布する方法がとられています。最近は、 昔に比べて人体に比較的影響が少ない とされる薬剤が使われるようになりましたが、 それでも密閉された室内に床下から徐々に揮発した 薬剤が充満することで、 住む人の健康に与える影響が心配されています。
 私は薬剤の力に頼るのでなく、シロアリが住みにくい環境をつくることが先決だと考えます。 床下の風通しをよくして、シロアリの好む密閉された空間をつくらないことがポイントです。 基礎は床下空間を高くとり、べた基礎とし、風が通り抜けやすい空間が最適。また、 定期的に 床下点検が簡単にできるよう、床下空間すべてに往来できるように布基礎に点検口を開けておくことも必要です。 こうすることでシロアリ対策だけでなく、湿気による土台の腐蝕なども防げるはずです。


知恵2


土台にはシロアリの被害が少ない木材を使い、
定期的な点検も忘れないこと

 シロアリは、ほぼどんな木材でも食害しますが、どちらかといえばヒノキ、ヒバなどは防腐性にも優れ忌避効果があります。
 弊社では土台にヒノキなど蟻害の少ない木材を使い、必要な場合はヒバ油、木酢液、ホウ酸、ショウノウなどを塗布します。 ヒノキなどの香りは人間にとっては「いい匂い」かもしれませんが、虫を寄せ付けない忌避(きひ)効果があります。 もし喰われたとしても食べたところから出てくる独特のにおいを虫は嫌がり、逃げていきます。 そのため、たとえ被害にあっても 木材の芯まで被害が及ぶことは少ないといえます。 とはいえ土台の木材はあとからつくりかえるわけにはいきませんから、 どんな対策を行うか、 十分に担当者と話し合って決定してください。
 住まいが完成したら定期的に家の周囲、床下を点検することも大切です。 梅雨前の時期に家の周辺で羽のはえたアリが 飛んでいたらシロアリがいる可能性がありますから、 被害が甚大にならないうちに前出の木酢液など、自然系の薬剤を 散布して防除しておきましょう。 散布などの作業は専門家に依頼してもいいですが、日ごろの点検、目配りだけは怠らず 自分で行いましょう。


知恵3 構造材編

構造材はムクの木材で。
ただし、自然素材ならではの変形がつきもの

 柱や梁などの構造材には、強度があり変形が少ないという理由で集成材を使うケースが増えています。
しかし、集成材は材木を張り合わせる際に合成接着剤を使用しており、身体への不安がぬぐい切れません。 その点、ムクの木材は間違いなく自然界にある素材ですから安心ですが、 生きて呼吸している“生きもの”なので どうしても反ったり縮んだりしてしまいます。 ムク材をふんだんに使った家づくりをする場合は、『木は変形するもの』 という認識をもつことが重要です。
 現在、流通しているムク構造材の乾燥材でも含水率は20%ほどです。 これが建築後は季節によって5%前後にまで乾燥が進みます。 それによって木が縮んで『変形する』という状態になるわけです。特に空気が乾燥する冬場は、 建具やフローリングに隙間ができたりします。 また、柱などは大きな音を立てて縦に割れたりします。 こうした木材の変形は自然なことであり、それによって家が傾いたりしてその家で 暮らせなくなる、 ということまでは心配する必要はありません。
ただし、主に見た目の問題なのですが、真壁などで柱と壁の間にすきまなどができた場合は壁材を塗り込むなどの メンテナンスが 必要となりますので、その際にはご用命下さい。


知恵4 

木材の変形を少なくするために、
工期はあせらずゆとりをもつこと

 熟練した建築家や職人はムク材が変形することを知っています。腕のいい職人は、 ムク材が縮んだり 反りが出ることを想定して建築作業を行っています。ですから、 建築後に 不具合が出たとしても補修すれば問題はなく、心配することはありません。
 ただし、自然素材の家づくりを望んでおきながら、数ミリのすき間も許せない、 大量生産の工業製品 (化学建材)並みの仕上がりを求めるという建主様から依頼があった場合、 その要求に建築家や職人が 対応するとなると、手間ひまをかけ、 材料もごく少量しか取れない上等なものだけを使用することになり、 当然コストも高くなってしまいます。 自分が住まいの完成度をどの程度まで求めているのか振り返り、 コストも含めて家づくりに何を優先するのか、 考える必要があります。
 また、ムク材の変形を最小限にするためには、工期を十分にとることも大切です。 建築中にも木材の乾燥は 進んでいますから、工期を十分にとると、結果的に建築後の狂いが少なくなるのです。 梅雨時の施工では、 防腐剤をほどこしていないムク材は表面にカビがはえたり、 梅雨明け後の乾燥で縮みが出たりすることもあります。 工期や工事時期についても、木のことを熟知している専門家と相談しながらすすめるようにしましょう。


知恵5 断熱材・下地材編

断熱材は壁体内結露の可能性を
低減できる素材で

 断熱材として一般的に使われているロックウールやグラスウールはコストの点ではすぐれていますが、 人体への弊害や解体時のリサイクルなど、さまざまな問題があります。 それにかわる断熱材として、ポリエステル、 セルロース、炭化コルクやウール(羊毛)が注目されています。 弊社では特にその中でも、ウールを用いています。 ウール(羊毛断熱材)は、素材そのもののもつ吸放出性により、 壁や屋根の内部で生じる結露を防ぐ方法として すぐれています。基本的な断熱性能を持ちあわせ、 製造エネルギーも少なく、 吸音性・弾力性にすぐれた再生可能な素材といえるでしょう。


知恵6 フローリング編

ムクのフローリングは乾燥期の縮みを
覚悟しておくこと

 フローリングには大きく分けてムク材と合板があります。自然素材の家づくりの場合には、 ムクのフローリングを 使いますが、一口にムクのフローリングといっても、 表面にムク材を張りつけたものやクッション性のある下地を張った ものなどさまざまなタイプがあります。 自然素材にこだわるのであれば、やはり単層のムク材を選びたいものです。
 ただしムクのフローリングは、乾燥が進むに従って必ず木がやせて縮みが出ます。 冬場の乾燥期やエアコンで除湿する時期 には壁と床の継ぎ目部分や板と板の間が広がり、 梅雨の時期にはすき間が少なくなるという現象が起こるわけです。合板では すき間が出ることはありえませんから、 これが生きている木ならではの個性だということを認識し、納得してから使うことが 必要でしょう。 木が縮むといってもほんの数ミリであり、縮みによって生活に不都合が起きるということではありません。
 また、フローリング材は幅広のほうがグレード感があって好まれますが、 木は幅が広くなるほど反りが大きくなる性質が あるため、幅広のフローリング材ほど変形も大きくなります。 縮みを最小限にしたいというのであれば狭いほうが適しています。
 なお、ムクフローリングに床暖房を設置する場合、暖房の運転で乾燥がさらに進み、 反りや縮みが発生します。 クリ、ナラ、ブナなどの床暖房対応のムク材も出まわっていますが、 十分に乾燥させた含水率の低い木材で、年輪が細かいもの を選ぶと縮みを最小限にすることができます。


知恵7 

唐松フローリング
樹種により、さまざまな等級がある。
臭いや感触を確かめることがまずは大事

 フローリング材は使用する樹種により、ナラ、クリなどの広葉樹とヒバ、ヒノキ、カラマツ、スギなどの 針葉樹に大別されます。 フローリングには硬くて傷のつきにくい広葉樹が適しているという意見もありますが、 一概には どれがよいということはいえません。靴を脱いで生活する日本の住宅では欧米ほど硬さは必要とされませんし、 スギのように 足裏の感覚がやわらかい針葉樹も気持ちのよいものです。広葉樹でもクリはあまり使われませんが、 強度がすぐれ温かみの ある風合いで、今後もっと使いたい樹種の一つといえます。それぞれの木の特徽をよく知り、 自分のライフスタイルや好みに 合うものを選ぶようにしましょう。
 注意したいのは、たとえムク材であっても臭いが強烈な種類もあり、 アトピーなどの症状を悪化させてしまうケースもある ということです。必ず前もって臭いを嗅いでみて、 身体への影響の少ないものを使うようにしてください。
 またムク材を使っても、施工の段階で化学物質入りの接着剤を使用したのでは、自然系素材を使う意味がありません。 施工方法も必ず確認しておきましょう。


知恵8 

ムク材は日常の手入れを忘れないこと

 どんなフローリング材を使うにしても、ムク材に共通するのはきちんとした手入れが必要であるということ。 汚れを落としやすくするために自然系の塗料(オイルなど)を塗り、あらかじめ表面を保護しておく ことをおすすめします。 そうすることで、汚れにくく、染みなども多少防げるようになります。 ただし塗料を塗っても、 水をこぼしてそのままにしておくなどというのでは、ムク材を使いこなすことは無理でしょう。 水分はこまめにふき取り、室内にも湿気がこもらないよう注意します。
 特に湿気の多い洗面所などは窓の位置や換気に気をつけます。 使用後の湿ったバスマットを敷きっぱなしにしているなどと いうのは論外で、 湿気の多い状態だとムク材にカビが生える原因にもなります。


知恵9 畳・タイル編

減農薬、無農薬の畳だからこそ、
ダニ発生の恐れもある

 自然系素材にこだわるのであれば、減農薬栽培でなおかつ高温温風殺菌されたワラ床や、 無農薬栽培の畳表を 使った畳がおすすめです。しかし一方で、気密性が高い現代の住宅では、 無農薬のワラ床はダニにとっても格好の 住処となり、どうしてもダニの発生が防げないという問題点もでてきます。 そこでワラ床に変わる自然素材として、 ヒノキのチップを使った畳床が注目を集めるようになりました。 自然の殺菌カによりダニの発生を防ぎ、吸湿性にも すぐれています。コスト面でも減農薬のワラ床とほぼ同じ価格で、 特別に高価ではありません。
 ほかにも自然系の畳床にはいくつかの製品が発売されています。ヒノキ床に炭がサンドされたものなどもあり、 これは 吸湿性にすぐれています。しかし、炭は放湿性が劣るので、 いったん吸収した湿気がこもるというデメリットもあるようです。 自然素材だから何でも体によいというのではなく、それぞれの製品の特徴を研究し、選択することが大切です。


知恵10 

タイルのモルタル貼りは確かな技術をもった
業者に依頼することが大切

 現在は玄関や浴室のたたきは接着剤でタイルやテラコッタを貼りつける圧着工法が主流となっています。 タイルそのものは自然系の材料であっても貼りつける接着剤が問題となりますから、 昔ながらのモルタルをだんご状に して貼りつける方法をとりたいものです。 しかし、これには下地をきちんとつくるという左官の確かな技術が必要で、 どんな職人でもできるというわけではありません。信頼できる業者や建築家に依頼しましょう。


知恵11 

珪藻土を使う場合、
合成樹脂等の混入をチェックする

 ここ数年、自然系の壁材として「珪藻土」が注目されています。珪操土にはそれ自体呼吸する性質があり、 吸水性、調湿性、保温性などにすぐれているのが人気の要因でしょう。 タバコのヤニ臭などを吸収する働きも あるといわれています。しかし、珪藻土そのものには固まる性質がないため、 そのままでは壁材として使われる ことはありません。多くは固結剤として合成樹脂やセメント類を混入しているので、 珪藻土自体の吸・放湿性を 低下させるばかりか、安全性にも問題があります。
 珪藻土を壁材に使用する場合は、珪藻土の特性を十分に発揮させるような配合のものを選びましょう。 環境によいというイメージが先行して、 珪藻土と名のつく製品であればどんな製品でも問題がないように勘違いしている 方も多いようですが、 選び方や使い方には十分な注意が必要となります。


知恵12 

漆喰は経年変化も楽しむ

 漆喰は調湿性にすぐれ、温かみのあるマットな感触もあいまって最近よく使われるようになりました。 成分は地域によって多少の違いはありますが、 消石灰に粘着性と施工性をもたせるための「つのまた」と 呼ばれる自然素材の海草と、 麻などの繊維を混ぜたシンプルなものが本来の姿だといえます。しかし、自然素材 ブームで珪操土と同様、 さまざまな製品が手軽に入手できるようになりました。 特にプレミックスと呼ばれる 調合済みの製品には下地への付着性を高めるため、 やはり化学糊や合成樹脂等が入っているものもあり、自然素材 とはいえない製品もあります。 成分内容については十分にチェックしてください。
 漆喰壁の注意点としては汚れがつきやすく、手垢などで黒ずんでしまうことがあげられます。 また、漆喰は壁の動き への追従性が少ないため、下地が変形すると剥離したりひびが入る場合もあります。 このようなことは機能面での不安 ではなく見た目の問題ですが、 汚れやひびが目立つようになったら塗り直しなどのメンテナンスは必要でしょう。


知恵13 壁紙編

自然素材であっても、
原料を確認してから使うことが必要

 壁紙は壁、天井など広い面積に使われるので、その分健康にも影響を与えやすい材料です。 最近では自然系の壁紙、 エコクロスが数多く出まわるようになりました。しかし、 中には塩化ビニルや塩ビを柔らかくする可塑剤、防カビ剤、 難燃剤などが使われているものもあります。 ついているマークをうのみにするのではなく、内容をメーカーに確認し、 ショールームなどで実際に臭いをかいで、刺激臭のないものを使うようにしたいものです。
 和紙や布製など自然素材の壁紙は化学物質の影響が少なく安全だといえます。 手漉きの和紙などはふっくらとした感触で、 保温、調湿効果もすぐれています。 布製の壁紙も原料が合成繊維のものと絹、綿、麻などの自然素材のものがあるので確認 してから使います。 最近は無農薬で栽培した綿のみでつくったオーガニックコットンの布壁紙も出ています。
 ただし、紙や布の壁紙は一度施工するとはがしにくいものが多いので、 業者との打ち合わせをきちんとして納得のいく施工を してもらうようにしましょう。


知恵14 

糊などの接着剤や
下地の扱いにも注意が必要

 施工時の接着剤に含まれているホルムアルデヒドが健康に大きな影響を与えていることが広く知られるようになり、 ホルムアルデヒドを含まないでんぷん系の糊が多数販売されています。 しかし、ホルムアルデヒド以外の防腐剤として何を 使用しているのかも問題になりますので、 安全を確認してから使います。
 また、たとえ自然系壁紙を使っても下地が石膏ボードの場合、 クロスを貼ったあとカッターで裁断するときに石膏ボード まで切れ目が入らないように注意する必要があります。 少しの切れ目が入るだけで石膏ボードの強度は格段に落ちてしまいます。 石膏ボードは廃棄時のリサイクルの問題もあり、自然素材の家には積極的には使いたくはないのですが、 簡便性とコストの安さ で多用されているのが現状です。まずは信頼できる業者を選び、 施工してもらうことがよいでしょう。


知恵15 塗料編

自然系塗料の内容や使用上の注意を
よく知ってから使うこと

 塗料から発生するホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなどのさまざまな化学物質が問題となってから、 化学物質を極力含まず、植物油や植物樹脂を主成分とする自然系の塗料が販売されるようになりました。 しかし、 塗料に混ぜて使う溶剤の内容や安全度はメーカーによってかなり差があり、 場合によってはアレルギーを起こしたり 既にある症状を悪化させてしまうこともあります。 天然系の溶剤であるオレンジシトラールなどでもアレルギーを 起こす人もいて、必ずしも天然=安全とはいいきれません。 アレルギーなどの症状のある人は特に内容成分をよく 確かめてから使うようにしてください。
 また、自然系塗料は化学物質が含まれているウレタン樹脂系の塗料とは違い、塗膜の保護力がかなり劣ります。 ウレタン樹脂で塗装するとコーティングされてピカピカの仕上がりになるのに対し、 自然系塗料はコーティングというより 表面にしみ込むという感じになります。 特に床は掃除のしやすさや床材の表面保護といった観点から、塗装は行ったほうが いいのです。 自然な艶で美しい仕上がりとなります。拭き掃除や汚れ落としで塗膜が薄くなったようなら、 部分的にでもよいので塗料を塗ってください。また自然系のワックスなどをかけるなど、日常の お手入れも効果的です。


知恵16 

風合いを楽しむ自然系塗料は
日頃の手入れが必要

 昔ながらの漆や柿渋も自然系塗料として人気があります。 特に漆は木材の木目を生かしながら自然な感じに 仕上げることができます。 拭き漆という方法で5回ほど塗り込んでいけばすばらしい光沢が出てきます。 ただし、漆は専門の職人がいなければいけないこと、時間と費用が必要であること、 体質によってはかぶれる心配もあることから あまり一般住宅向きではありません。 カウンターなどの広い面積をご自分で塗装される場合には、ゴム手袋を してその上に軍手をはめ、 顔や首もクリームでガードするなどそれなりの準備が不可欠です。 また、塗り込み方や扱いの注意点を よく知ってから行うことが大切です。
 柿渋は木材への付着力は漆ほど強くなく、耐磨耗性もありませんのではげてしまう可能性もあります。 広い面積ではなく、 カウンターなどの小面積向きの塗装です。 柿渋は塗りむらが出やすいので塗る場所は一気に仕上げるなどの注意が必要です。
 自然系塗料は一般によく使われているオイル系のものであっても耐磨托性はあまりありません。 数年に一度は塗り直しが必要と 考えておいたほうがいいでしょう。


知恵17 設備機器

キッチンや浴槽はステンレスなど金属製のものを

 自然素材の家づくりでは、 キッチンセットの収納部材にムク板や安全基準をクリア した集成材を使ったものがよく使われますが、 どれも造作工事扱いになりコストもそれなりにかかります。 ただし、天板などは使い勝手の面で、ステンレスなどメーカー品のパーツをとり入れているケースが多いと思います。 もし自然素材でできたものを希望され、 ムク材のキャビネットを特注しても貼り合わせに有害な接着剤を使っていては意味が ありませんから、 工法を確認してから発注しましょう。 
 浴槽に関して、私はステンレスやホーロー製を主に使っています。 木製の浴槽にあこがれをもつ建主様もいらっしゃいますが、 木製の浴槽は年月がたつにつれ必ずヌメリや黒ずみがでることをよく理解し、 納得してから使うようにしてください。ステンレスや ホーローとは違い、 お湯を張りっぱなしにしておくのは傷める原因です。かといって乾きすぎると乾燥して木が変形する恐れもあり、 日々の手入れがこまめに行えるかどうかといった覚悟が必要です。


ニューハウス出版
「木の家がいちばん」より抜粋